【前編】はてなブログProからワードプレスに引越しました

カテゴリー Webデザイン
はてな→ワードプレス前編

こちらのブログ、もともとはてなブログで独自ドメインで運用していたのですが、この度思い立ってWordPress(ワードプレス)に移しました。
いずれは移そうと思っていたのですが、記事数の少ないうちに引っ越したほうがいいかなーと思ったので。

いろいろと調べたことをこちらにまとめます。長いので前・後編の2つの記事に分けました。
前編ではサーバーの設定・WordPressのインストールを中心に。

ちなみにドメインはムームードメイン、サーバーはエックスサーバーを使っています。(同じ環境の方はわかりやすいかも)

 




 

その前に…サブドメインだけ引越しできるの?

WordPressに引っ越そう!と思った時にまず考えたのが、「サブドメインだけ引っ越しできるか?」ということ。
サブドメインとは、こちらのブログのURL「memo.ufufuya.com」の、memoの部分のこと。
サブドメインは自分の好きな文字列で、好きな数だけ作れます。
そしてサブドメインの数だけサイトを分けることができるんです。

私は別のサブドメインで、自分のポートフォリオサイトや他のブログを運用していたので、このブログのサブドメインだけ移すことはできるのかな?と心配になったんです。
新しいサーバーにサブドメインを登録するには、メインドメインも登録しなければならないのでは…?そうなると他のサイトも移さなきゃいけないのでは…?と思って。

で、少し調べた結果、問題なくできそうでした!
新しいサーバーにもメインドメインを登録する必要はありますが、ドメインのDNSの設定(ドメインとサーバーの紐付け)さえちゃんとできていれば、メインドメインや他のサブドメインを使ったサイトはこれまで通り表示されるようです。
↓こちらのサイトの説明がわかりやすく、おかげさまで理解できました。

 

 

サーバーを借りる!私のサーバー選びのポイント

WordPressを使うには、まずはサーバーが必要です。
私は、エックスサーバーでサーバーをレンタルすることにしました。

下記、エックスサーバーにした理由です。

WordPressの自動インストール機能

自動インストール機能がついていないと、WordPressの公式サイトからWordPressをダウンロードして自分でサーバーにアップしないといけないので、初めてWordPressを使う身としてはちょっと不安だなぁと思い…!
自動インストール機能がついているところにしようと思いました。

使っている人が多い(知名度がある)

使っている人が多ければ、何か困ったことがあれば検索すれば同じような体験が出てくるかなぁと思ったので。
いろいろな比較サイトを見て、エックスサーバーは「実際に自分もここにした」という方が多かったです。

サーバーの速さと安定性

サイトが表示されるのが遅いと嫌なので、表示の速さは重視しました。
また、サーバーがダウンしてしまうのも困るので(まぁあまりないと思いますが)、安定性も欲しい。
エックスサーバーはこの点でもかなり評価されているようでした。

容量が大きい

容量が大きいと、今後自分のポートフォリオサイトを移設したり、複数のサイトを運営するときにも安心だなぁと思い。
エックスサーバーは容量が200Gあり、他のサーバーと比べてもかなり大きめでした。

 

その他にも、無料でSSLに対応できたり、サポートも手厚いとのことだったので、エックスサーバーに決定。
一番安いプランのX10(スタンダード)プランにしました。
他にも高いプランはありますが、このブログはまだまだ小規模ですしアクセスもそんなにないので、このプランにしました。
12ヶ月契約で1ヶ月1,000円、初期費用3,000円で、15,000円でした。

 

ちょっと高いな〜という方は、さくらのレンタルサーバでもいいのかも。
自動インストール機能がついているし、知名度もあるし、WordPressが使える真ん中のプランだと月500円で容量100Gです。

ロリポップ!はもっと安いけど、バズったときにすぐサーバーが落ちたという方もいたので、皆さんあまりオススメされていません。

 

 

サーバーにドメインを登録する

サーバーを契約したら、まずはドメイン・サブドメインを登録します。
まずはサーバーパネルにログイン。(ID、パスワードは登録した時のメールに書いてあります。)

そしてドメイン→ドメイン設定→ドメイン設定の追加 という画面に行き、まずはメインドメインを登録します。
(例えば、aaa.bbbb.com というURLの場合だったら、bbbb.com と登録。)

ドメインの登録

※無料独自SSLの登録に失敗しました というアラートが出ますが、あとで設定すれば大丈夫なので、とりあえずは無視してOKです。

サブドメインを使っていない場合はここまででOKですが、はてなブログではサブドメインを推奨(ほぼ必須)しているので、殆どの場合サブドメインを使っていると思います。
なので、今度はドメイン→サブドメイン設定→サブドメイン設定の追加 に行き、サブドメインも登録します。

サブドメインの登録

 

Sponsored



 

ワードプレスをインストールする

ドメイン・サブドメインを登録したら、いよいよWordPressをインストール!です。

まずは、同じくサーバーパネルの、ホームページ→自動インストールに行き、インストールしたいドメインを選択します。
そしてプログラムのインストールに行き、WordPress日本語版の部分にあるインストール設定というボタンを押します。

自動インストール

 

するとこのような画面に行きます。

ワードプレスのインストール

インストールURL 

ドロップダウンリストより、インストールしたいドメインを選択します。

ブログ名

自由に入力してOKです。

ユーザー名、パスワード

WordPressの管理画面へのログイン用なので、自由に設定します。

メールアドレス

WordPressからのお知らせ(コメントがあったときなど)が届くので、こちらも好きなアドレスを登録します。

データベース

自動でデータベースを生成するにチェックを入れます。

 

上記を入力して、インストールを行います。

「WordPress のインストールを完了しました。」という画面が出たら必ずログインURLID・パスワードとその下にあるMySQLデータベース、MySQLユーザ、MySQL接続パスワードをメモっておきましょう!
ログイン情報

こちらはメールで登録内容は送られてきません。この画面でメモをとっておくしかないのです。
スクリーンショットを取っておいてもいいかも。

 

hostsファイルの設定

さぁ次はWordPressの管理画面にログインだ!と行きたいところですが、URLを入力したら、あれ…?
なぜかこれまで使っていたはてなブログ内のエラーページに飛んでしまいます。
実は(最初に少しお話した)サブドメインのDNSの設定をまだ変更していないので、このURLはまだはてなブログに紐付けされているのです。

じゃぁ次にDNSの設定をすればいいの?となるのですが、そうすると、記事が無い状態のWordPressブログがこれまでのURL上で公開されてしまうことになります。
できれば、はてなブログの記事を完全にWordPressに移行した状態で公開したいですよね。
でも管理画面にアクセス出来なきゃ、記事も移行できない。

そこで、その解決策としてhostsファイルというものを設定します。

hostsファイルというのは、自分のパソコンの中にもともとあるシステムファイルのこと。
すごくざっくりいうと、URLを入力したときの飛び先を管理しているファイルです。
このファイルを少し編集すれば、自分のPCからのみ管理画面にアクセスできるようになるんです。

hostsファイルの開き方

MacとWindowsそれぞれの開き方を説明します。
私はMacを使っているので、まずはMacから。

Macのhostsファイル

①Finderのメニューバーにある移動メニューの「フォルダへ移動」を選ぶ。
フォルダへ移動

②フォルダの場所を「/private/etc」と入力する。

③hostsというファイルがあるので、デスクトップにコピーする

④Mac標準のテキストエディタでは編集できないので、別のテキストエディタで開く。

私は普段使っているCotEditorというソフトで開きました。
Mac用のテキストエディタ一覧はこちらの記事が分かりやすかったです!

 

Windowsのhostsファイル

①フォルダ画面を開く(マイドキュメントなどなんでもOK)

②上のアドレスバーに「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc」と入力する。

③hostsというファイルがあるので、メモ帳などで開く。

管理者権限が必要な場合は、メモ帳を開く際に「メモ帳アイコンを右クリック→管理者として実行」とすると開けるそうです。
※Wiindowsの環境がないため、こちらの記事を参考にしました。

 

hostsファイルの編集方法

hostsファイルを開いたら一番下に行を追加し、「サーバーのIPアドレス+半角スペース+ 利用ドメイン名(もしくはサブドメイン)」と入力します。

例を挙げると「11.22.33.44 aaa.bbbb.com」となります。

IPアドレスはどこに載っているかというと、エックスサーバーだとサーバーパネルのアカウント→サーバー情報のページにあります。

IPアドレス

 

Windowsはそのまま上書きします。
Macはコピー元のetcフォルダにhostsファイルを戻し、上書きします。

 

この状態でWordPressログインURLにアクセスすると、ログイン画面が出て来るはず!わーい!

 

次はいよいよ、はてなブログからWordPressへ記事を移動させます。
少し長くなってきたので、後編に分けます!

 

Sponsored



SHARE

▷イラストレーター/ブローチ作家
アクセサリーブランドUfufuyaを主催。
ロシアの教会やツタンカーメンなど、世界の文化や歴史をモチーフにしたブローチを作っています!
Pinkoi/minne/Creemaで販売中。

▷Webデザイナー
2015年よりフリーランスとして活動中。
webショップ関連のデザインを中心に行なっています。

【好きなもの】
映画 / フランス / インテリア / チーズ / チョコ / パン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です